部屋の内外の温度計を付けました。 ディジタルで、室外のセンサ部分は3m程の線の先に付いています(下の写真)。 センサを固定している針金状の金具も付属していました。 表示は上が、室外、下が、室内です。 表示の下の丸いスイッチは、 左から、リセット、MIN、MAX、となっていて、 最後にリセットしてからの、室内外それぞれの、 最低・最高 気温を表示できるようになっています。
室外センサは、窓枠の上の所で、直射日光の当たらないところに付けていますが、 見ていると、風があるのとないのとで随分違います。 梅雨明け後の猛暑時、 風があれば35℃程度なのが、 風が無くなると、38℃を越えていました。 写真の時は、雨が降り出して外の方が下がっています。

(2000/7/26)